精神障害者保健福祉手帳3級を取得しました。私は手帳を申請できることを知ってから手続きするまでいろいろと悩みました。精神疾患の患者さんが増えているなかで、私と同じように障害手帳の申請をしようか迷っている方もいらっしゃると思います。

そこで手帳を申請するまでの手続きや取得を通じてわかったメリット・デメリットなどを3級の手帳所持者の目線からまとめてみました。

なお掲載されている内容は全て個人の体験・感想です。病状や医療機関・自治体による対応の違いなどでご覧になっている方には当てはまらない場合があることを予めご了承ください。

スポンサーリンク

精神障害者保健福祉手帳3級のメリットとデメリット

精神障害者福祉手帳の3級を取得してみて感じたメリットとデメリットして考えられることをまとめました。税金の障害者控除や携帯電話代金の割引などで経済的には年間数万円のメリットがあります。デメリットは障害者となることをどう捉えるか?という部分だと思います。

精神障害者保健福祉手帳を申請する手続き

私が精神障害者福祉手帳を申請したときの手続きのためにやったこと、申請の過程で感じたことをまとめました。手続き自体はそれほど煩雑なものではなく区役所窓口でもあまり時間がかかりませんでした。

精神障害者保健福祉手帳3級を活かした就職・転職

精神障害者保健福祉手帳3級を活かして障害者枠での採用を希望するときに役立つ求人サイトや、関連する法律改正の情報を掲載しています。2018年に精神障害者の雇用が義務化されるなど法律面での環境は大きく変わろうとしています。

アダルトチルドレンの克服

アダルトチルドレンを克服するヒント。精神障害者保健福祉手帳を取得する疾患を抱えている人のなかには機能不全家族で育った方が一定数いるかもしれません。

スポンサーリンク

このページの先頭へ